2月に植えた激安チューリップ、綺麗に咲きました

2020年3月28日

こんにちは、チューリップが大好きなたか爺です。

2月4日に植えた激安(30球で100円:など合計で80球購入、合計300円也)のチューリップの球根が、3月10日頃に芽が出て、本日4月22日に綺麗に咲きました。

 3色揃って満開です(ここは50球ほどです)

実は12月初めにも別にチューリップの球根を植えていたのですが、それに比べて約1週間ほど遅れて黄色、赤、桃色の3色が揃ってほぼ満開の状態です。

遅く植えたので、ちゃんと咲いてくれるかどうか心配していましたが、見事に咲いたので記事にしました。

 

2月に遅植えしても咲いてくれました

激安だったのでダメ元で購入して植えましたが、きちんと綺麗な花が咲いてくれました。

購入前にチューリップの遅植えについての記事を検索しましたが、ある方の実体験によると、球根を植える時期は暖かい場所で遅くとも1月までと書かれていました。
私は石川県(少し寒い所かな?)で2月4日に植えて4月22日に咲きました。

植え方はごく普通に植えました。
元肥として、燐分が多いマグアンプKをよく土に混ぜ、球根を5cmくらい土に埋めて植えました。
水はすぐにやらない方が良いと書いてあったので、2、3日してからやりました。
あとは土の表面が乾いてきたら水を与えました。
そして芽が出てきた頃に、液肥を少し与えたぐらいですが、後は水を欠かさずにあげました。

  2月4日に球根を植えているところ
  3月22日撮影(芽が出て2週間くらい)
  4月13日撮影(花芽が出てきた)
4月16日撮影(一番先に黄色の花が咲き始めた)
 4月18日撮影(黄色に続いて赤も咲いた)
4月22日(黄色、赤、桃色の3色が咲き揃いました)

12月に植えたチューリップと比べたら

裏庭には、先に12月にチューリップを植えていましたが、その手前に2月に安く買ったチューリップの球根を植えました。
この2つを比べてみると、12月に植えたチューリップは4月16日には満開になったが、2月に植えたチューリップはまだ蕾(つぼみ)でした。

4月16日撮影、12月に植えた奥の赤いチューリップは満開ですがパンジーとの間の2月に植えたチューリップはまだ蕾です

そして4月22日には、どちらも満開に咲き揃いました。

4月22日撮影、2月に植えた手前のチューリップも咲き揃いました

2月に植えた球根は芽が出るのが10日ほど遅かったのですが、満開になるのには1週間ほど遅かった程度です。

これで遅く(2月初め頃に)植えても、少し遅れはしますが綺麗に花が咲くことが証明されました。

来年もこんなに安く(30球で100円)売っているチューリップがあったら買って植えたいと思います。

一応、花が終わったらすぐに肥料をやって球根を太らせ、6月頃に掘りあげて色別にネットに入れて乾燥させ、12月頃には植えるつもりです。
そして4月から5月ごろには、家の周りを色鮮やかなチューリップだらけにして楽しみたいと考えています。
色鮮やかなチューリップを見ていると気持ちがパット明るくなり、楽しいですよ!
チューリップを見ながら弁当を食べたり飲んだりするのも楽しいですよね。

皆さんも1月ごろにホームセンターなどを覗いて、もし売れ残りの安いチューリップの球根を見つけたら植えてみませんか?

➡この激安チューリップの球根を植えた時の記事はこちらです

【2020.2.12追記】
毎年1月頃に、この激安販売していたホームセンターを覗きに行ってますがこの年以降は売れ残っていても安売りを行っていませんでした。他のホームセンターでは12月になると5割引きの安売りを行っているところがありました。12月中に植えるのは問題ないと思いますので、売れ残りで良いのなら安く購入できるので12月半ば頃にでも行ってみてください。

最後までお読みいただき有難うございました。